桑名市Y様より中村左洲/初鰹の掛軸の買取り依頼を頂きました。

中村左洲(1873-1953) は伊勢市二見町生まれの画家で地元伊勢では写実的な鯛の絵の名手であることから「鯛の左洲」として知られています。左洲は、漁業に従事するかたわら、四条派の画家の磯部百鱗について絵を学び、大正6年(1917)の文展に《群がれる鯛》が入選するなど、宮内庁や神宮から作品を請われるほどの腕をもちながら、生涯生まれ故郷を離れず活動を続けた全国に通用する画技を持つ日本画家です。今回は初鰹の掛軸の買取り依頼を頂きましたが日本絵画や西洋画、現代アート作品にも力を入れて買取り依頼をお待ちしています。

フリーダイヤル 
0120-522-758
お気軽にご連絡ください。堀崎

     
     
  1. ご案内電話番号0120-522-758
  2. Line査定